ケアハウス(軽費老人ホーム)

ケアハウス(軽費老人ホーム)

ケアハウス(軽費老人ホーム)は
自宅同様の暮らしがしたい方向け
の介護施設です。

自宅での生活が困難で自炊ができない程度の身体機能の低下が認められた方など独立して生活するには不安がある方が利用できる施設です。介護が必要になると退去を求められる場合もあります。料金が比較的低額です。

家庭での生活が困難な高齢者が、日常生活のサポートを受けられる施設で【一般型】と【特定施設】があります。

居室は個室もしくは2人部屋が多く、食事は食堂で提供されます。その他、安否確認やレクリエーションなどを受けることが出来ます。所得の低い人でも入ることができるよう助成制度が利用できますが、入居一時金が必要なところもあります。

一般型

ある程度身の回りのことが出来る人向けの施設で、介護保険は個別に契約して「居宅サービス」を利用します。

特定施設

要支援1~2・要介護1~5の人向けの施設で、介護保険は「特定施設入居者生活介護」を利用します。

利用対象者

  • 概ね60歳以上の方(夫婦の場合はどちらかが60歳以上)
  • 「特定施設」は認知症に対応しているところが多い
  • 「特定施設」は看取り対応しているところもある

利用期間

  • 契約による

サービス

  • 食事、入浴、緊急時の対応

居室

  • 1人用、2人用がある

職員

  • 「特定施設」の介護・看護職員の配置は3:1以上

手続き

  • 全国どこでも申し込めるが、住民登録している方を優先するところもある
  • 申し込みは直接施設へ(自治体によっては、役所に申し込むところも)

負担額

  • 比較的低コスト

目安

敷金 0~数百万円
月額費用 10~30万円