高齢者住宅情報プラザ グランユニライフ 最新のお知らせ

介護サービスにはどんなものがあるの?

皆様こんにちは。ここ数日暖かい日が続いておりますが、如何お過ごしでしょうか。

 

さて、先日政府が介護保険制度の負担の見直しを正式に決定しました。

 

介護の自己負担3割を正式決定 現役並み所得者が対象 ひと月の上限額引き上げも of 介護のニュースサイト Joint

 

介護保険の自己負担は原則1割ですが、2018年8月から年383万円以上の年金収入がある単身者の負担が3割になります。昨年8月から年280万円以上の単身高齢者の負担が2割になっていますので、それに続く負担増となります。

利用者には厳しいニュースが続きますが、今日は介護保険制度で利用できるサービスにはどのようなものがあるか、ご紹介します。

 

介護サービス一覧

在宅サービス

■訪問系サービス

自宅に訪問してもらって利用するサービス

■通所系サービス

自宅から施設に通って利用するサービス

■短期入所系サービス

期間を決めて施設に入所して利用するサービス

■福祉用具や住宅改修

福祉用具を借りたり、利用者の自宅を改修します。

施設サービス(要介護1~5の人が対象)

地域密着型サービス

基本的に上に挙げたサービスからケアマネージャーが利用者に合ったものをピックアップして組み合わせてケアプランを作成してくれます。ケアプランの作成は無料です(2016年12月19日現在)。

 

どのようなサービスがあるか把握しておくと、利用する時に理解しやすいと思います。ご不明な点があれば、遠慮なく高齢者住宅情報プラザのスタッフまでご質問ください。

 


 

訪問介護(ホームヘルパー)

訪問介護員(ホームヘルパー)が食事・排泄・入浴・掃除・洗濯・調理などの支援をします。

 

上に戻る

 

訪問入浴介護

看護職員と介護職員が利用者の自宅に浴槽を持参して、入浴の介護を行います。

 

上に戻る

 

訪問看護

看護師などが主治医の指示に基づいて療養上の世話や診療の補助を行います。

 

上に戻る

 

訪問リハビリテーション

理学療法士や作業療法士が心身機能の維持回復や日常生活の自立に向けたリハビリテーションを行います。

 

上に戻る

 

居宅療養管理指導

通院が困難な利用者へ医師や看護師などが訪問し、療養上の管理や指導、助言等を行います。

 

上に戻る

 

通所介護(デイサービス)

通所介護の施設(デイサービスセンターなど)に通い、食事や入浴などの日常生活上の支援や、生活機能向上のための機能訓練や口腔機能向上サービスなどを日帰りで提供します。高齢者同士の交流もあり、施設までの送迎も行います。

 

上に戻る

 

通所リハビリテーション(デイケア)

利用者が通所リハビリテーションの施設(老人保健施設、病院、診療所など)に通い、食事や入浴などの日常生活上の支援や、生活機能向上のための機能訓練や口腔機能向上サービスなどを日帰りで提供します。

 

上に戻る

 

短期入所生活介護(ショートステイ)

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)などが、常に介護が必要な方の短期間の入所を受け入れ、入浴や食事などの日常生活上の支援や、機能訓練などを提供します。

 

上に戻る

 

短期入所療養介護(ショートステイ)

医療機関や介護老人保健施設が、日常生活上の世話や、医療、看護、機能訓練などを提供します。

 

上に戻る

 

福祉用具の貸与

適切な福祉用具を選ぶための援助・取り付け・調整などを行い、福祉用具を貸与します。

 

上に戻る

 

特別養護老人ホーム(※原則要介護3以上)

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)は、入所者が可能な限り在宅復帰できることを念頭に、入浴や食事などの日常生活上の支援や、機能訓練、療養上の世話などを提供します。 

 

上に戻る

 

介護老人保健施設

介護老人保健施設は、在宅復帰を目指している方の入所を受け入れ、入所者が可能な限り自立した日常生活を送ることができるよう、リハビリテーションや必要な医療、介護などを提供します。

 

上に戻る

 

介護療養型医療施設

介護療養型医療施設が、長期にわたって療養が必要な方の入所を受け入れ、入所者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、機能訓練や必要な医療、介護などを提供します。&nbs
p;

 

上に戻る

 

夜間対応型訪問介護

夜間対応型訪問介護は、夜間帯に訪問介護員(ホームヘルパー)が利用者の自宅を訪問します。

 

上に戻る

 

認知症対応型通所介護

認知症の利用者が通所介護の施設(デイサービスセンターやグループホームなど)に通い、食事や入浴などの日常生活上の支援や、生活機能向上のための機能訓練や口腔機能向上サービスなどを日帰りで提供します。施設までの送迎も行います。

 

上に戻る

 

小規模多機能型居宅介護

施設への「通い」を中心として、短期間の「宿泊」や利用者の自宅への「訪問」を組合せ、家庭的な環境と地域住民との交流の下で日常生活上の支援や機能訓練を行います。

 

上に戻る

 

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

認知症の利用者を対象にした専門的なケアを提供するサービスです。家庭的な環境と地域住民との交流の下で、食事や入浴などの日常生活上の支援や、機能訓練などのサービスを受けます。 グループホームでは、1つの共同生活住居に5~9人の少人数の利用者が、介護スタッフとともに共同生活を送ります。

 

上に戻る

 

地域密着型特定施設入居者生活介護

指定を受けた入居定員30人未満の有料老人ホームや軽費老人ホームなどが、食事や入浴などの日常生活上の支援や、機能訓練などを提供します。

 

上に戻る