高齢者住宅情報プラザ グランユニライフ スタッフブログ

介護サービスの利用の流れ

東京都は「国家戦略特区」を使って、混合介護を進めていくことを検討しています。「介護サービス」と「介護保険外サービス」をひとつのパッケージにまとめて提供するビジネスを認めてはどうか、などの意見が出たようです。

 

「混合介護」を特区で展開 小池都知事が提案 政府、具現化へ向けて調整 of 介護のニュースサイト Joint

 

「消費者被害が増えるのでは」「保険外サービスを使える人ばかり優遇されるのでは」といった懸念の声も出ているようです。色々な意見があると思いますが、ここではまず基本的な介護サービスの利用の流れを確認しておきましょう。

 

1.要介護認定の申請

 

実際にサービスを受けるには市区町村の窓口で要介護認定の申請をする必要があります。要介護認定とは「介護が必要かどうか」「必要ならどの『要介護区分』か」を判定するための認定です。要介護度区分とは必要な介護サービスを判断するための指標です。要支援1~2、要介護1~5まであり、要支援1が最も介護の必要度合いが低く、要介護5が最も高くなっています。

 

 

2.認定調査

 

調査員が対象となる方を訪問して、心身の状態を確認するための認定調査を行います。

 

3.審査判定

 

コンピューターによる一次判定と介護認定審査会による二次判定が行われます。

 

4.認定

 

市区町村から申請者に結果が通知されます。結果は自立(非該当)、要支援1~2、要介護1~5に分かれています。

 

5.介護サービス計画書の作成

 

要介護認定の結果が出たらケアプランを作成します。ケアプランとは、どのようなサービスをいつ・どれだけ利用するかを決める計画のことです。介護サービスは、ケアプランに基づいてサービス事業所と契約を結び、利用します。 ケアプランの作成は「要支援1~2」の場合は地域包括支援センターに、「要介護1~5」の場合は居宅介護支援事業者に依頼します。

 

6.介護サービス利用開始

 

ケアプランを作成したら、利用したいサービスを提供してくれる事業者と契約します。

 

以上、実際にサービスを利用する際にあわてないように、大まかな流れをおさえておきましょう。