高齢者住宅情報プラザ グランユニライフ 最新のお知らせ

介護保険制度の基本

最近「混合介護」という言葉をニュースで見かけることがあります。

 

介護サービスには、原則1割負担するだけで受けられる「介護サービス」と、全額負担ですることで受けられる「介護保険外サービス」があります。

 

たとえば「訪問介護」を受ける場合、利用者本人の食事・掃除・洗濯・買い物・調理などの援助は可能ですが、同居家族の家事や日常生活の範囲を超えること(草むしり、ペットの世話、大掃除など)は出来ません。

 

正確に言うと出来るのですが、保険内サービスと保険外サービスを明確に分けないといけないため、事業者が同時に・一体的にサービスを提供することが出来ず、きわめて非効率的、かつ利用者にとっても不便なため、普及していないのが現状です。

 

そのためこれを見直そうという動きが公正取引委員会や東京都から出ており、サービスの充実化や介護業界の待遇改善につながると期待を寄せられています。

 

今後の動きが気になるところですが、ここではまず介護保険制度の基本を確認しておきましょう。

 

介護保険制度とはみんなでお金を出し合って、介護の負担を社会全体で分担するために作られた制度です。利用者が申請し、介護が必要と認定された場合に、必要な給付がされます。

 

介護保険の保険者は市区町村です。 被保険者は40歳以上の人で、65歳以上の人を第1号被保険者、40歳以上65歳未満の人を第2号被保険者といいます。

 

  第1号被保険者 第2号被保険者
対象者 65歳以上の人 40歳以上65歳未満の人
保険料 ◆市区町村が所得に応じて決定
◆年額18万以上の年金を受け取っている人は年金から天引きで納付
■健康保険の場合■
協会けんぽの介護保険料率は1.58%
■国民健康保険の場合■
前年の所得等に応じて決定
受給者 要介護者、要支援者 特定疾病(初老期認知症、脳血管疾患、末期がんなど)によって要介護者、要支援者になった場合のみ
自己負担 ◆原則1割(支給限度額を超えた場合、超過分は全額自己負担)
◆食費と施設での居住費は全額自己負担
◆ケアプラン作成費については利用者負担なし

 

介護保険で利用できるサービスは、要介護・要支援の状態によって異なります。「要介護」の場合、介護給付を行うサービスを受けることができます。また、「要支援」の場合、予防給付を行うサービスを受けることができます。

 

とりあえず最低限の基本だけ説明させて頂きました。ご不明な点がございましたら遠慮なく高齢者住宅情報プラザにお問合せください。

 

---------------------------------------------—
高齢者住宅情報プラザ グランユニライフ
株式会社ジェイ・エス・ビー・ネットワーク
HP:http://www.grand-unilife.com/
---------------------------------------------—