高齢者住宅情報プラザ グランユニライフ スタッフブログ

高齢者住宅・老人ホームの入居費用の目安

高齢者住宅・老人ホームに入居する時に必要な費用は大きく分けると、入居時に必要な入居金と、入居後に毎月支払う月額利用料の2種類に分けられます。それぞれの性質や内訳を見ていきましょう。

「入居金(入居一時金)」とは?

入居金(入居一時金)とは施設を終身にわたって利用する権利を取得するための費用です。金額は施設によって0円から数千万までと様々です。

入居金には償却期間といって、「そのお金を何年かけて使うか」という期間が施設ごとに定められています。償却期間が過ぎて、入居金を全て使ったあとも、月額利用料を払うことにより施設での生活を続けることはできますが、施設によっては新たな契約が必要になる場合もあるので入居前に必ず確認しましょう。

また、償却期間内に退去・解約となった場合は、残りの未償却分が返還されます。ただし、この計算方法は施設により異なりますのでご注意ください。

「月額利用料」とは?

月額利用料は家賃、食費、管理費などが一般的です。こちらも施設によって金額は15万円~30万円までと様々です。その他、水光熱費や上乗せ介護費用が含まれることもあります。入居金として家賃に相当する費用を前払いしている場合は、月額利用料が少なくて済みます。

家賃相当額

居住する居室、その他共用施設を利用するための費用です。前述した通り入居金として全部若しくは一部を支払っている場合は少なくなります。

管理費

事務管理部門の人件費、共用施設の維持費などです。

食費

食事サービスを利用した場合に支払う費用です。

上乗せ介護費用

お元気な方の一時的な介護や個別の希望によるサービスなど、介護保険でまかなえないサービスについて発生する費用です。

介護保険を利用した場合の負担

介護保険サービスを利用した場合の利用者負担は、原則として介護サービスにかかった費用の1割です。費用はサービスごとに価格が定められています。

介護保険によるサービスは、介護度に応じて保険給付の上限額が定められています。上限額を超えてサービスを利用する場合、超過分は全額自己負担となります。