高齢者住宅情報プラザ グランユニライフ 最新のお知らせ

【第75回住まいるカフェ】「アイランド薬局」のアポロメディカルホールディングス株式会社による 「お薬にまつわるQ&A」「薬剤師によるお薬相談会」開催

令和時代、最初の住まいるカフェを開催しました。
会員の皆様のほとんどが服用されていると思われる「薬」の勉強会です。
講師は、全国に「アイランド薬局」を展開されているアポロメディカルホールディングス株式会社の井上彰様と瀬戸直人様でした。
当日は3部構成で、第1部は「お薬について~よくある質問~」第2部は「自分でできる健康管理~セルフメディケーション~」第3部は各テーブルに薬剤師の先生が着き「お薬無料相談会」を開催しました。
15名の参加者の皆様は「お薬手帳」を持参し、熱心に先生に質問をされておりました。

「お薬について~よくある質問~」 アイランド薬局 薬剤師 井上 彰 先生
①薬を飲まないといけないの?
②薬を使わなかったらどうなるの?
③いっぱい薬を飲んでいるけど、こんなに必要?
④週刊誌などの報道で、危ないくすり特集を見かけるけど私の薬は大丈夫?
⑤お薬が飲みづらいのだけど、何かいい方法ある?
⑥薬の飲み方に「食後」とかあるけど、具体的に教えて
⑦薬を飲み忘れた時はどうしたらいいですか?
⑧かかりつけ薬剤師って何?

当日は上記8点についてわかりやすく資料に基づき教えて頂きました。
スライドでは講師の井上先生の3歳のお子様も登場。⑤のお薬が飲みずらい事への改善策として「服薬ゼリー」というものがあることを教えてくださいました。3歳児でもスムーズに服薬できます。
当日の資料をご希望の方は、高齢者住宅情報プラザの小野寺、北浦まで。

「自分でできる健康管理」 アイランド薬局大河原店 薬局長 瀬戸直人 先生
最近、よく薬局などで目にする「セルフメディケーション」の文字。
第2部では「セルフメディケーション」についてわかりやすく教えて頂きました。

セルフメディケーションとは…
自分自身の健康に責任を持ち、軽度の身体の不調は市販薬等で自分で手当てすること。

上記、マークのある市販薬を年間12,000円以上購入すると、医療費控除の対象となります。(レシートを取っておきましょう)

高齢者住宅情報プラザパートナー店
老人ホーム紹介センター バルム」(株式会社ダンケ運営)開所のお知らせ

「高齢者住宅情報プラザ Grand Unilife」は「高齢者住宅情報プラザパートナー店老人ホーム紹介センターバルム」を5月27日(月)に山形県山形市にオープンします。山形にゆかりのある会員の皆様、こちらも何卒、宜しくお願い致します。

住所:山形県山形市元木1-10-45 ダンケビル1階 電話番号:0120-901-591